男性だって、お肌のケアが大切!

男性の化粧品を見ると、たいていメントール配合され、使用感もさっぱりすっきりするものが多いように思います。
しかし、夫は30代に入ってからはそれがヒリヒリ痛く感じるようになってきたようでした。
やはり男性も年齢を重ねると、次第に乾燥しやすい肌になったり、敏感肌になったり、目元の小じわが目立ってきたり、若いころのニキビの痕がシミになり、次第に濃くなり、大きくなり…妻から見ていてもなんとなく気になります。
「日焼けは、シミを作ったり、悪化させたり、しわの原因になるから、日焼け止めをしようしてみたら?」ということを夫に進言しましたが、日焼け止め特有のにおいがするものや白浮きするようなものはちょっと遠慮したいようで、またその気持ちもわかる気もします。
そんなこんなで夫は何もしないまま30代半ばまで来てしまい、肌は順調に老化の一途をたどっていました。
でも、ある日夫は同僚とお肌について話す機会があったようで、それを機に少しはお肌に関心を寄せてくれるようになりました。
私もそうなのですが、夫もなかなかの敏感肌です。
ですので、お互い市販の化粧水はたいてい肌に合わず、使い切れるものにはなかなか出会うことがありませんでした。
そこで、私は化粧水について勉強を始め、手作りで化粧水を作ることにしました。
コストが安価なので夫婦で遠慮なくたっぷりと化粧水を使うようになりました。
するとお肌がプルプルに潤い、調子がとても良くなってきました。
そしてしわも薄く目立たなくなってきたのです。
やはり男女ともに保湿は大切なんですね。
また、私はお風呂上がり時の赤ら顔の原因が30年間良くわからなかったのですが、化粧品を勉強している工程で「防腐剤(パラベン)」の有毒性を知り、シャンプーやトリートメントも見直すことにしました。
すると、私のお風呂上がりの赤ら顔が治っただけでなく、私も夫もニキビができにくくなり、夫に至っては薄く弱くなってきた頭髪が少しずつ太くコシのあるものに変わってきたんです。
これには驚きました。
体にいいことをすると、良いことがたくさんあるんですね。

女性はお肌のケアをします。
でもぜひ男性もお肌のケアをして、少しでも良い自分をキープし、仕事にプライベートに…自信をもって前向きに過ごせるといいですね。